精密工学会アフィリエイトのホームページへようこそ

はじめに

若手の育成はいずれの世界でも重要なことであり、精密工学会でも平成20年より理事会においてアフィリエイト制度導入の審議を行い、同年11月21日の理事会において同制度の導入が決定されました。この制度の目的は、精密工学分野における学術活動、実用化技術開発および本学会の発展に顕著な業績が見込まれる若手研究者・技術者に精密工学会アフィリエイトの称号を与え、もって、会員の名誉とし、活動を促すとともに本学会の活性化に資することにあり、直ちに実施することとなりました。アフィリエイト認定の対象は35歳以下の正会員および学正会員に限られますが、精密工学分野の将来を嘱望される研究者・技術者であることを自覚し、精密工学・技術の発展に一層寄与すると共に、本学会の若手先導的会員として学会の諸活動へ積極的に参画することが期待されます。

委員長よりご挨拶

委員長 吉田一朗

 精密工学会アフィリエイト委員会を代表してご挨拶申し上げます。2014年度のアフィリエイト委員会は,新たに7名の第6期アフィリエイトが認定され,総勢67名で活動いたします。卒業者もすでに29名になっております。アフィリエイト委員会は,学会の発展を牽引し顕著な業績が見込まれるであろうと選考された若手研究者が,横断的に交流し友好を深め,人的ネットワークという生涯の財産を築くために与えていただいた場です。卒業者まで含めたアフィリエイトは,ここ数年は精密工学会のいずれかの賞を受賞しており,順調に効果を挙げていると思われます。皆様より貴重な場とご支援をいただいておりますこと,深く感謝申し上げます。
『アフィリエイト通信』も学会誌掲載5年目となり,非常に多くの活動を自発的かつ活発に行っております。最近はさらに連携範囲を広げ,日本学術会議若手研究者ネットワークや産業界の工業団体との連携を実施いたしました。今後は更に連携の和を広げ,共同研究のきっかけである研究会もより活発に行なう計画です。
 古来より,モノづくりとその発明に携わる人々は,尊敬の念を抱かれていたそうです。中国大陸では百工が活躍した周の時代,日本では葛天氏の時代が挙げられます。伝説では,葛天氏は縄を発明したとされ,縄やひも,糸の発明により衣服が発明され,人々は寒さから身を守り順応する術を得ました。そのため,モノづくりに携わる人々は,人々が精神的に頼り信頼する対象として畏敬の念を集めました。また,先人や諸先輩とその発明を敬うその感性は,注連縄や妖怪,もったいないの精神などに残されていると言われています。現在の状況を鑑みると,人々の暮らしを活性化する原動力は,我々,モノづくりに携わる人々であると考えます。
 アフィリエイト委員も個々が強い繊維として向上しつつ,互いにより集まって交流し,かつ人的財産の和を活用して,精密工学分野を活性化し,社会に貢献する所存です。今後とも,ご指導ご鞭撻のほど,よろしくお願い申し上げます。